クラスⅠ
,
臼歯部クロスバイト
,
叢生

垂直エラスティック
,
圧下
,
IPR

症例情報

  • 年齢: 34
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: Full

診断の概要

  • クラスⅠ関係
  • 臼歯部クロスバイト
  • 叢生

以下を使用

  • 圧下
  • IPR
  • 垂直エラスティック
  • Power Ridge Feature on Buccal 3.1 (LL1)
  • Optimized Rotation Attachment (G3) on Buccal 3.3 (LL3), Buccal 3.4 (LL4)
  • Optimized Root Control Attachments (G4) on Buccal 1.4 (UR4), Buccal 1.5 (UR5), Buccal 2.4 (UL4), Buccal 2.5 (UL5), Buccal 4.4 (LR4), Buccal 3.5 (LL5)
Courtesy of Dr. S. Shih-Hsuan Chen 2016

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療
追加アライナー

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係維持
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 臼歯部クロスバイト改善
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Speeのカーブは水平になっています
  • 歯列の配列およびコーディネーション
  • 回転による上下顎の配列の達成
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 20 数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 29 + 10 = 39
  • Mandibular: 26 + 10 = 36

アライナー交換頻度

  • 2 weeks

コメント

  • Buccally flared and overerupted upper second molars were successfully intruded and moved palatally by aligners alone.
  • Lingually tilted lower second molars were uprighted as well. Posterior occlusion with ideal intercuspation was established with the aid of vertical elastics.

保持

  • Maxillary: Fixed/Bonded
  • Mandibular: Fixed/Bonded