クラスⅠ
,
クラスⅢ
,
前歯部クロスバイト
,
過大なオーバージェット
,
オープンバイト
,
空隙

クラスⅢエラスティック
,
挺出
,
唇側傾斜
,
IPR

症例情報

  • 年齢: 34
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: Full

診断の概要

  • クラスⅠ関係
  • クラスⅢ
  • 前歯部クロスバイト
  • 下顎正中のずれ
  • 過大なオーバージェット
  • オープンバイト
  • 空隙

以下を使用

  • クラスⅢエラスティック
  • 挺出
  • 唇側傾斜
  • IPR
  • Optimized Rotation Attachment (G3) on Buccal 4.3 (LR3), Buccal 3.5 (LL5)
  • Multi-Tooth Extrusion Attachments (G4) on Buccal 1.1 (UR1), Buccal 1.2 (UR2), Buccal 2.1 (UL1), Buccal 2.2 (UL2)
  • Optimized Root Control Attachments (G4) on Buccal 1.3 (UR3), Buccal 1.4 (UR4), Buccal 1.5 (UR5), Buccal 2.3 (UL3), Buccal 2.4 (UL4), Buccal 2.5 (UL5), Buccal 3.3 (LL3)
Courtesy of Dr. S. Lawrence 2017

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
進捗
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower

治療の概要

達成した内容

  • Class III relationship maintained
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • 正中一致
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 22数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 24 + 9 + 15 = 48
  • Mandibular: 24 + 9 + 15 = 48

アライナー交換頻度

  • 2週間

コメント

  • Class III anterior open bite was corrected by a combination of absolute active extrusion of the upper anterior teeth as well as incisor proclination
  • Retraction of lower anterior teeth using existing space as well as space gained by performing IPR and Class III elastic wear contributed to the correction of the anterior open bite

Publication


Successful treatment of an adult patient with class iii malocclusion and open bite using the invisalign system
English 2016

Dr Sarah Lawrence