クラスⅡ分類2
,
歯列弓非対称
,
叢生
,
捻転

遠心移動
,
近心移動
,
Leveling curve of Spee
,
挺出
,
リトラクション
,
First premolar extraction
,
空隙閉鎖

症例情報

  • 年齢: 22
  • 性別: 女性
  • Invisalign治療オプション: Full

診断の概要

  • クラスⅡ分類2
  • 叢生
  • 捻転
  • 歯列弓非対称

以下を使用

  • 遠心移動
  • 近心移動
  • スピー湾曲のレベリング
  • 挺出
  • 第一小臼歯抜歯
  • 空隙閉鎖
  • リトラクション
  • Power Ridge Feature on Lingual 1.2 (UR2)
  • Optimized Root Control Attachments (G4) on Buccal 1.3 (UR3), Buccal 2.3 (UL3), Buccal 4.3 (LR3), Buccal 3.3 (LL3)
Courtesy of Dr. H. Kim Chuan 2017

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係達成
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Speeのカーブは水平になっています
  • 回転による上下顎の配列の達成
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例

合計治療月数

  • 21 数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 0 + 42 = 42
  • Mandibular: 0 + 42 = 42

アライナー交換頻度

  • 10-14 days

コメント

  • Extraction of 14, 24, 34 , 44 was done and space utilised for retraction of anterior teeth and crowding correction
  • Distalisation of upper and lower canines was done first before en mass retraction of anterior teeth and alignment of anterior teeth at the same time.
  • Maximum anchorage prescribed for upper arch while lower posteriors was mesialised until optimum occlussion achieved.

保持

  • Maxillary: Vivera
  • Mandibular: Vivera