クラスⅡ分類1
,
狭窄歯列
,
上顎正中のずれ
,
下顎正中のずれ
,
正中のずれ
,
叢生
,
捻転

クラスⅡエラスティック
,
遠心移動
,
圧下
,
拡大
,
リトラクション
,
IPR

症例情報

  • 年齢: 40
  • 性別: 女性
  • Invisalign治療オプション: インビザライン・フル

診断の概要

  • クラスⅡ分類1
  • 狭窄歯列
  • 正中のずれ
  • 下顎正中のずれ
  • 上顎正中のずれ
  • 叢生
  • 捻転

以下を使用

  • 遠心移動
  • 拡大
  • 圧下
  • リトラクション
  • IPR
  • クラスⅡエラスティック
  • Optimized rotation attachment (G3) on Buccal 4.5 (LR5)
  • Optimized extrusion attachment (G3) on Buccal 3.3 (LL3)
  • Optimized multiplane (G4) on Buccal 1.2 (UR2)
  • Optimized root control attachments (G4) on Buccal 2.4 (UL4)
  • Pressure areas (G5) on Lingual 1.1 (UR1), Lingual 1.2 (UR2), Lingual 2.1 (UL1)
  • Optimized deepbite attachments activated for premolar extrusion (G5) on Buccal 1.4 (UR4), Buccal 2.5 (UL5)
Courtesy of Dr E. Rothier 2018

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療
追加アライナー

治療の概要

達成した内容

  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • オーバージェット改善
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例

合計治療月数

  • 9 数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 12 + 12 = 24
  • Mandibular: 10 + 12 = 22

アライナー交換頻度

  • 2週間

コメント

  • Correction of crowding and rotations was performed through IPR and with minimal tooth expansion.
  • Correction of the dental protrusion was solved through posterior expansion, and posterior and anterior IPR.
  • Improvement of the canine class I relationship was obtained through the posterior IPR and distalization.
  • The patient used class II elastics only at night.
  • Second and third molars were not moved for better treatment future stability and anchorage control.
  • The reason to request additional aligners was due a restorative change in tooth 1.5 early in the treatment (aligner number 4).

保持

  • Maxillary:
  • Mandibular: