クラスⅡ分類1
,
ディープバイト
,
上顎正中のずれ
,
下顎正中のずれ
,
叢生
,
捻転
,
Impacted canines

第2期治療
,
クラスⅡエラスティック
,
Leveling curve of Spee
,
挺出
,
圧下
,
拡大

症例情報

  • 年齢: 17
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: インビザライン・フル

診断の概要

  • クラスⅡ分類1
  • 下顎正中のずれ
  • 上顎正中のずれ
  • ディープバイト
  • 叢生
  • 捻転
  • Impacted canines

以下を使用

  • 拡大
  • 挺出
  • 圧下
  • スピー湾曲のレベリング
  • クラスⅡエラスティック
  • 第2期治療
  • 下顎前方誘導
  • Optimized rotation attachment (G3) on Buccal 1.4 (UR4), Buccal 1.5 (UR5), Lingual 1.4 (UR4), Buccal 2.5 (UL5), Lingual 2.3 (UL3), Lingual 2.4 (UL4)
  • Optimized root control attachments (G4) on Lingual 1.3 (UR3), Buccal 2.4 (UL4)
Courtesy of Dr C. Fournier 2019
Award 2018 Summit Shoot out

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係達成
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • ディープバイト改善
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Speeのカーブは水平になっています
  • 回転による上下顎の配列の達成
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 28 数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 61 + 44 + 25 + 16 = 146
  • Mandibular: 61 + 43 + 25 + 16 = 145

アライナー交換頻度

  • begin 8 days then 5

コメント

  • Treat simultaneously arch coordination A-P and transverse with an orthopedic device MA appliance (Herbst)
  • In the mean time we treated tooth 23 and create space for blocked out 42 with invisalign
  • I have used lingual attachments on upper anterior for best aesthetics.