クラスⅠ
,
切端咬合
,
叢生

クラスⅡエラスティック
,
Leveling curve of Spee
,
圧下
,
リトラクション
,
First premolar extraction
,
IPR
,
Overtreatment

症例情報

  • 年齢: 24
  • 性別: 女性
  • Invisalign治療オプション: インビザライン・フル

診断の概要

  • クラスⅠ
  • 切端咬合
  • 叢生

以下を使用

  • 圧下
  • スピー湾曲のレベリング
  • 抜歯
  • リトラクション
  • 第一小臼歯抜歯
  • IPR
  • クラスⅡエラスティック
  • Optimized root control attachments (G4) on Buccal 1.5 (UR5), Buccal 2.5 (UL5), Buccal 4.3 (LR3), Buccal 4.5 (LR5), Buccal 3.3 (LL3), Buccal 3.5 (LL5)
Courtesy of Dr B. Wang 2019

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
進捗
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係維持
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Curve of Spee leveled
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 19数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 39 + 13 + 18 = 70
  • Mandibular: 39 + 13 + 18 = 70

アライナー交換頻度

  • 1週間

コメント

  • Use of moderate anchorage design for the extraction sites to address maxillary and mandibular protrusion
  • Mild crowding, as well as upper and lower denture protrusion
  • Use of Class II intermaxillary elastics to help control anchorage;
  • Use IPR to help correct Bolton discrepancy
  • Control the lingual movements for the roots of upper and lower anterior teeth during retraction to help prevent gingival recession