クラスⅠ
,
叢生
,
捻転

Leveling curve of Spee
,
垂直エラスティック
,
挺出
,
拡大
,
IPR

症例情報

  • 年齢: 35
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: インビザライン・フル

診断の概要

  • クラスⅠ
  • 叢生
  • 捻転

以下を使用

  • 拡大
  • 挺出
  • スピー湾曲のレベリング
  • IPR
  • 垂直エラスティック
  • 回転用最適アタッチメント(G3)
  • 挺出用最適アタッチメント(G3)
  • ルートコントロール用最適アタッチメント(G4)
  • 過蓋咬合用最適アタッチメント(アンカレッジ)(G5)
Courtesy of Dr S. Shih-Hsuan Chen 2019

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療
追加アライナー

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係維持
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Curve of Spee leveled
  • 歯列の配列およびコーディネーション
  • 回転による上下顎の配列の達成
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 24 数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 30 + 34 = 64
  • Mandibular: 44 + 31 = 75

アライナー交換頻度

  • 1週間

コメント

  • Crowding was resolved by proper arch expansion and IPR.
  • Mesial impact on 3.5 was successfully uprighted and extruded with optimized deepbite/extrusion attachment and the aid of vertical elastics
  • 3.2 derotation was achieved with pre-spacing before rotation started