クラスⅡ分類2
,
下顎前方誘導
,
ディープバイト
,
上顎正中のずれ
,
叢生
,
Impacted canines

下顎前方誘導
,
Leveling curve of Spee
,
拡大

症例情報

  • 年齢: 9
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: Invisalign Teen with MA

診断の概要

  • クラスⅡ分類2
  • 下顎前方誘導
  • 下顎前方誘導
  • ディープバイト
  • 上顎正中のずれ
  • 叢生
  • Impacted canines

以下を使用

  • 拡大
  • スピー湾曲のレベリング
  • Optimized rotation attachment (G3) on Buccal 4.3 (LR3)
  • Power ridge feature (G3) on Buccal 3.1 (LL1)
  • Optimized support attachment on upper laterals (G7) on Buccal 2.2 (UL2)
  • Precision wings (MA)
Courtesy of Dr W. Zhang 2019

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
進捗
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療
追加アライナー

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係達成
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Curve of Spee leveled
  • 歯列の配列およびコーディネーション
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 19数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 57 + 27 = 84
  • Mandibular: 57 + 27 = 84

アライナー交換頻度

  • 1週間

コメント

  • Due to the use of the Precision Wings feature we successfully treated this case of class II division 1.
  • In phase I we focused on the mandible growth with the use of the Precision Wings feature
  • In 14 months we successfully expanded the upper arch
  • The impacted canines of the upper jaw erupted successfully, the mandible grew forward and we achieved a class I molar relationship
  • In phase II we aligned both arches and achieved a perfect Class I occlusion .

保持

  • Maxillary:
  • Mandibular: