クラスⅠ
,
叢生
,
空隙
,
正中離開

Leveling curve of Spee
,
圧下
,
IPR
,
空隙閉鎖

症例情報

  • 年齢: 39
  • 性別: 女性
  • Invisalign治療オプション: Invisalign Lite

診断の概要

  • クラスⅠ
  • 叢生
  • 空隙
  • 正中離開

以下を使用

  • 圧下
  • スピー湾曲のレベリング
  • IPR
  • 空隙閉鎖
  • Optimized rotation attachment (G3) on Buccal 1.3 (UR3)
  • Optimized multiplane (G4) on Buccal 1.2 (UR2), Buccal 2.2 (UL2)
Courtesy of Dr. K. Fei Fong 2019

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係維持
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Curve of Spee leveled
  • 歯列の配列およびコーディネーション
  • 回転による上下顎の配列の達成
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 4 months

アライナー数

  • Maxillary: 14
  • Mandibular: 14

アライナー交換頻度

  • 1週間

コメント

  • Good patient compliance
  • Overcorrection for posterior on heavy occlusal contacts
  • IPR of 0,5mm on 1.1 and 2.1 was not necessary
  • We created enough overjet for closing space on the 1.1 and 2.1 by performing IPR on the lower anterior teeth during the 1st stage
  • We intruded the lower anterior teeth to level the lower arch curve of Spee
  •  For aesthetic concern, gingivectomy at the upper 3's was performed for longer clinical crown
  • Upper labial frenectomy was performed to achieve a better smile pattern and avoid relapse of diastema

保持

  • Maxillary: Fixed/Bonded
  • Mandibular: Other clear