クラスⅠ
,
過大なオーバージェット
,
ディープバイト
,
狭窄歯列
,
正中のずれ
,
叢生
,
捻転

Leveling curve of Spee
,
圧下
,
拡大
,
リトラクション

症例情報

  • 年齢: 20
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: インビザライン・フル

診断の概要

  • クラスⅠ
  • 過大なオーバージェット
  • ディープバイト
  • 狭窄歯列
  • 正中のずれ
  • 叢生
  • 捻転

以下を使用

  • 拡大
  • 圧下
  • スピー湾曲のレベリング
  • リトラクション
  • Optimized rotation attachment (G3) on Buccal 2.3 (UL3), Buccal 4.3 (LR3)
  • Power ridge feature (G3) on Buccal 2.1 (UL1)
  • Optimized root control attachments (G4) on Buccal 1.3 (UR3)
  • Optimized deepbite attachments for anchorage (G5) on Buccal 1.4 (UR4), Buccal 2.4 (UL4), Buccal 4.5 (LR5)
Courtesy of Dr. A. Nayak 2019

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left

レントゲン写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower
Download ADF files
本治療

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係達成
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • オーバーバイトの大きな改善
  • オーバージェットの大きな改善
  • 正中一致
  • 切歯の適切な歯軸角
  • Curve of Spee leveled
  • 歯列の配列およびコーディネーション
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例

合計治療月数

  • 8数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 27
  • Mandibular: 27

アライナー交換頻度

  • 10日間

コメント

  • To open the deep bite we didn't want to intrude the upper incisors too much
  • We opted to intrude the lower incisors with proclination
  • With an adequate gingival biotype and gingival heights we could afford to expand the dental arches which created space for retraction

保持

  • Maxillary: Fixed/Bonded
  • Mandibular: Fixed/Bonded