クラスⅡ分類2
,
ディープバイト
,
狭窄歯列
,
歯列弓非対称
,
上顎正中のずれ
,
正中のずれ
,
叢生
,
捻転

クラスⅡエラスティック
,
遠心移動
,
Leveling curve of Spee
,
圧下
,
拡大
,
唇側傾斜

症例情報

  • 年齢: 32
  • 性別: 男性
  • Invisalign治療オプション: Full

診断の概要

  • クラスⅡ分類2
  • 狭窄歯列
  • 正中のずれ
  • 上顎正中のずれ
  • ディープバイト
  • 叢生
  • 捻転
  • 歯列弓非対称

の使用

  • 遠心移動
  • クラスⅡエラスティック
  • スピー湾曲のレベリング
  • 拡大
  • 圧下
  • 唇側傾斜
  • Optimized Rotation Attachment (G3) on Buccal 1.3 (UR3), Buccal 1.4 (UR4), Buccal 2.3 (UL3), Buccal 2.4 (UL4), Buccal 2.5 (UL5), Buccal 4.3 (LR3), Buccal 4.5 (LR5), Buccal 3.3 (LL3), Buccal 3.5 (LL5)
  • Optimized Root Control Attachments (G4) on Buccal 4.4 (LR4)
  • Precision Bite Ramp (G5) on Lingual 1.1 (UR1), Lingual 1.2 (UR2), Lingual 2.1 (UL1), Lingual 2.2 (UL2)
  • Optimized DeepBite Attachments for Anchorage (G5) on Buccal 3.4 (LL4)
Courtesy of Dr S. Okano 2017
Award 2018 Peer Review Awards

写真

Click to compare enlarged
upper
本治療
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
治療後
lower
right
front
left
Click to compare enlarged
upper
進捗
lower
right
front
left

放射線写真

ClinCheck治療計画

video anterior
video right-left
video upper-lower

治療の概要

達成した内容

  • クラスⅠ関係達成
  • 機能的な犬歯誘導(左右側)
  • 正常なオーバージェット&オーバーバイト達成
  • ディープバイト改善
  • オーバーバイトの大きな改善
  • 正中一致
  • Speeのカーブは水平になっています
  • 歯列の配列およびコーディネーション
  • 回転による上下顎の配列の達成
  • アーチフォーム改善
  • 審美的スマイルの達成
  • 全ての治療目標を達成した症例
  • 調和のとれた歯列を達成

合計治療月数

  • 15 数ヶ月

アライナー数

  • Maxillary: 32 + 8 = 40
  • Mandibular: 32 + 9 = 41

アライナー交換頻度

  • 1週間

コメント

  • This case is the maxillary teeth distalization with "ELASTIC JUMP".
  • The most important thing in this case is using classⅡ elastics during total treatment.Class II elastics (3/16, 6.5 OZ) continued using from stage 9.
  • LR7 used button cut on the lingual side for effectively improve scissorsbite.
  • Precision bite ramp was very effective to improve deepbite.